×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

良い結果

信頼されていると仕事にも一生懸命になり、良い結果も出せる。達成感も持てて楽しくける。幸せになれる。そして、お客様がそんな幸せなエステティシャンのいるサロンにいらっしゃれば、お客様自身も幸せな気分になれる。人生が豊かになる。私達の仕事は、お客様を幸せな気分にする仕事ですから、社員が幸せでなかったら、そうして差し上げることはできません。そして、社員を幸せな気分にさせるのは、社長である私の仕事です。ですから、前にも書きましたが、社員はきっとこの位のお給料は欲しいだろうし、成長実感も欲しいだろうということを考えます。最近は若い人でも、仕事をさぼりたいとか、手を抜こうと思う人はあまりいません。「どうにか活躍したい」と思っていますから、それが上手くいかないと悩んだり、あるいは辞めていったりします。ですから社員も売上が上がって、多くのお客様でサロンが忙しい時は、ご機嫌です。下がると落ち込みますから、忙しくなるようにしなければいけません。では、売り上げを上げるためにはどうしたらいいのか。

 

 

それは、お客様の喜ぶことをやれば良いのです。そのやり方を一生懸命に考え、実行に移すのです。それが社長の仕事だと思っています。「メイドインミスパリ」―― 自分達が使っていいものだけを勧めるまた、商品にしても「業者さんがいいと言っているから、売って下さい」とか、で」れが流行っているから売って下さい」という売らせ方はしません。まずは自分達が使ってみて良いと思う物をお客様にお勧めしたらいいと教えています。いい商品は多くの人に教えてあげたくなります。ですから、エステティシャン達が人に教えてあげたくて仕方ないと思える商品を揃えなければなりません。お客様より先に、エステティシャンの厳しい目をパスしなければならないのです。私達は物珍しいから売るというようなこともしません。新しい商品を導入するにも1年半から2年くらいは研究や試行錯誤を繰り返し、そのあとでやっとサロンに出します。商品にしても技術にしても、よく「メイドインミスパリ」というような言い方をされますが、本当に「自分達で責任を持って選び、作る」という手間のかかる事をやっている会社でもあります。